【朗報】初回限定694円でサーモンコラーゲンゼリーが購入できます

サーモンコラーゲンゼリーは美肌効果に抜群な衝撃の理由とは!?

サーモンコラーゲンゼリーは美肌効果に抜群な衝撃の理由とは!?

「サーモンコラーゲン」にはわざわざ鮭由来、もっと言えばサーモンの皮から抽出したコラーゲンが用いられています。これには理由があり、牛や豚に含まれる動物性コラーゲンの変性温度が40度くらいなのに対して、鮭コラーゲンの変性温度は19度とされているのです。

口コミや詳しい詳細はこちら >>

公式サイトはこちら >>

サーモンコラーゲンゼリーは美肌効果が高い理由

私たちが摂取したコラーゲンはゼラチンへと変化してから胃や腸で分解されます。この、分解される直前のゼラチンへと変化する温度のことを変性温度と言い、鮭コラーゲンは温度が低いことから食べた後すぐにゼラチンになると期待されます。

鮭コラーゲンはヒアルロン酸生成の促進に有効なヒドロキシプロリンが少ないとされますが、この含有量がちょうどよく、動物性のコラーゲンに比べて吸収に優れると明らかになっているようです。

サーモンコラーゲンゼリーの鮭コラーゲンが良い理由

鳥、豚、牛のコラーゲンには人獣共通感染症の可能性がありますが、魚は安全性が高いため感染症の恐れがありません。

コラーゲンは、哺乳動物の体を形成する強靭な構造タンパク質で、食べてもすぐに分解されません。コラーゲンは、ゼラチンになってから、胃や小腸で分解されます。

鮭コラーゲンは、ゼラチンになる温度(変性温度)が19度なので、食べるとすぐにゼラチンになります。

今までゼラチンは、食べると胃や小腸の消化酵素によってアミノ酸になって 体内に吸収されると考えられていました。しかもゼラチンを構成しているア ミノ酸は栄養価値がないとされていましたが、科学分析機器の発達のおかげ で、ゼラチンは消化酵素ですべてアミノ酸になるのではなく、コラーゲン特 有のアミノ酸ヒドロキシプロリンに結合したアミノ酸は、分解されずに小腸 から吸収され遺伝子に働きかけて、コラーゲン、ヒアルロン酸、骨等をつく ることが証明されています。

 

豚コラーゲンより魚コラーゲンのほうがコラーゲン豊富

ヒドロキシプロリンは、コラーゲンの変性温度が高いほど多いので、バイオアクティブ コラーゲンペプチドが多いのですが、豚コラーゲンより魚コラーゲンのほうが、コラーゲンペプチドの量が多いことが報告されています。

鮭コラーゲンの臨床試験を行った結果、保湿、皮膚力学特性について測定 し、2項目ともプラセボよりも有意差のある結果が得られました。

 

口コミや詳しい詳細はこちら >>

公式サイトはこちら >>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です